和飲会掲示板

test2

報告11月8日和飲会山梨発世界へ2

報告11月8日和飲会山梨発世界へ1

2007年11月8日開催和飲会のお知らせ

和飲会@明野:飲み会の様子

ぶどう畑

和飲会@明野07年10月工場見学

和飲会@明野:工場見学

和飲会@明野07年10月

バレンタインスペシャル和飲会

クリスマススペシャル和飲会

FCC和飲会 第6回2006年11月22日

FCC和飲会 第5回2006年10月25日

FCC和飲会 第4回2006年9月27日

FCC和飲会 第6回2005年12月10日

FCC和飲会 第5回2005年11月19日 

FCC和飲会 第4回2005年10月22日

FCC和飲会 第3回2005年9月24日 

FCC和飲会 第2回2005年8月20日

FCC和飲会 第1回2005年7月3日

フードカルチャー・クラブ 和飲会全回案内

グレイスワインの船橋さんを迎えてワイン作りの現場のお話しを伺います。
山梨発世界へ:日本のワイン作り

明野のメルローの畑

白ワイン「甲州」で知られるグレイスワインは山梨県勝沼、明野に農場を持ち、世界に通用する日本産のワインを作ろうと果敢に挑戦を続けています。2003年には、山梨県明けの町の山間部に、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネといった欧州系品種の本格的な垣根仕立てで栽培を始めました。また、勝沼のワイナリーでは、日本固有の品種甲州を使ったワイン作りに取り組んできました。何年もの研鑽を重ねた結果「甲州」はグレイスワインを代表するワインとして、今では、都内の有名フレンチレストランで、フランスや、イタリアのワインと肩を並べて、提供されるようになりました。百貨店やワイン専門ショップで見かけた方も多いと思います。

 それまでになる間の、試行錯誤がどんなものだったのか、今また、なぜ、欧州系の品種によるワインつくりを始めるのか。そして、一般消費者には知られていない、補糖(醸造家庭で、発酵を促進するために上白糖を加える)等の現実もお話いただきます。

懇親会では、この時期に出揃う今年の新酒を味わっていただこうと思います。
デラウェアの他、マスカットベリーA(既にリリース済み)、辛口の甲州(予定では5日頃瓶詰め)等を味わって頂いたり、甲州種ワインの栽培地違い等、皆さんの関心のある事を気軽にご質問いただけるように考えております。

どうぞ、お誘いあわせの上、奮ってお申し込みください。

●日時:11月8日 午後7時より
●場所:マメ デ カフェ(東京都世田谷区経堂3‐3‐19)
    http://www.mamedecafe.com/
●参加費:5000円
*****ワインティスティング(約5種類)とお食事付き
●定員:10名(過去の和飲会参加者を優先)



《 「山梨発世界へ:日本のワイン作り」 参加申込書 》

名前
E-Mail
TEL
人数
コメント・伝言などありましたらご記入ください。
Copyright (C) 2003 atarimae.com All Right Reserved